みんなのブログ

**マグカップ**

2016年02月05日

マグカップ

誕生日に友人が贈ってくれたものです!

このカップを手に取るたび、
手渡してくれた時のことを思い出します。
より一層美味しくなるんですよね、不思議です☆

モノが溢れる時代だからこそ
そのモノ自体の重要性より、
そのモノによってもたらされる
”何か”が重要である、いわば心の豊かさの時代なのかなと感じます。

優しさとか思いやりとか、
言葉にすればすごくシンプルなものだけどそういうのがほんとは1番大切だと思う。

複雑に見えるあらゆるものの解決策も、
突き詰めていけばやっぱり
人の心の持ち方、温かさに優るものってない。

最近読んだ稲盛和夫さんの著書「生き方」の中に、「利他の心」という言葉が
たくさんでてきますが、

それを比較的端的に表した、
”地獄と極楽の違い”のたとえ話が印象的でした。

*

地獄にも極楽にも、同じように大きな釜があり、
中には美味しそうなうどんが煮えている。
ところがそのうどんを食べるには、長さが
1メートルもある長い箸を使うしかない。

地獄の住人はみな、われ先にうどんを食べようと
争って箸を釜につっ込んでうどんをつかもうとするが、あまりに箸が長くてうまく口まで運べず、
誰一人として目の前のうどんを食べられない。
美味しそうなうどんを目の前にしながら、だれもが飢えてやせ衰えている。
それが地獄の光景である。

一方極楽では、
みな自分の長い箸でうどんをつかむと、
釜の向こうにいる人の口へと運び
「あなたからお先にどうぞ」と食べさせてあげる。
また、うどんを食べた人も
「ありがとう。次はあなたの番です」と、お返しにうどんを取ってあげる。

なので極楽では全員がおだやかにうどんを食べることができて、満ち足りた心になる。

*

なるほど〜

忙しい時や余裕がない時こそ、一呼吸して周りを見る事が大切に感じました。


井垣 守雄

PAGE TOP