みんなのブログ

**go one’s own way**

2016年02月10日

あるドキュメントリー番組でのこと、
長年勤めあげた会社を定年であるという理由で
呆気なく去ることになってしまった男性の話しです。
送別会の中では、会社側は、
”あなたは素晴らしい貢献をしてくれた”と褒め称えるのに、
契約延長を申し出ても現実は契約続行不可。
彼は60歳、生活のために今から就活をするとのこと。

安定とは何ものなんだろうと考えます。

だからといって、
社会のせいにできる時代ではない。
今までにないくらいのスピードで
変化している今の時代、自分の力でお金や、
人生の道を生み出す力が必要だと感じます。

そうするにはリスクももちろんあるけど、
リスクを避けて無難にいきるよりリスクをどうコントロールするか。
このドキュメンタリーを見て、
無難こそリスクであるとさえ思えてきます。

そして、そもそも今の学校教育という観点から見ても
リスクを避けることを教えているのかも。
例えば
”いい成績をとって、いい仕事に就きなさい”

”とりあえず資格さえ持っていたら安心”

君のレベルじゃ、この学校は無理だ”

そうじゃない教育もたくさんあると思うけど
実際にそんな言葉で溢れる教育もたくさんあるんだと思います。

リスクを避けることで
リスクに溺れる時がくる。

”失敗のない道”は必ずしも”成功の道”
であるとは断言できないと思います。
失敗こそ成功のチャンスをつくってくれる。

そういうチャレンジをする行動力。
行動力を発揮するための
感情のコントロールや思考力。
時代や人のせいにするのではなく、
そういったものをしっかり鍛えていきたいです。

自分の真の目標に向かって
今日もまた一歩踏み出します!


igaki

PAGE TOP